やはり物件の良さで最も注意するべきことがアクセス性であり、地図上だけの確認ではなく、現地で電車やバスの時刻表の確認をすることが大切です。
夜間遅くなりがちな人はタクシー利用時の料金や駅周辺情報を確認しておきましょう。
自分にとって理想的な賃貸物件を探しているのでしたら、不動産屋の資料だけではなく、しっかりと現地に出向いて物件の調査をしましょう。
なので不動産会社の担当者に車で現地に連れて行ってもらった時でも、自分の足や目でしっかりと確認をしてください。

 

人によって生活の便利さに求めているものが違うことから、自分のライフスタイルを考えて現地調査を行いましょう。
まずは自分のライフスタイルをまとめてから現地へ下見に行くのが賢い方法と言えます。 どんなに良い賃貸物件が見つかったとしても、周囲の環境が悪いようでは意味がありません。
治安の確認は現地調査で夜に出向いて、駅やバス停などから実際に歩いて確認をするようにしてください。



- 注目サイト -

ケータリングドットコム
URL:http://banquetajin.net
ケータリング


【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査ブログ:17-04-18

今年も雪の季節がやってきた。
あたくしはこの季節になると、いつも思い出すことがある。
もう40年以上も昔のことである。

その頃、
我が家は決して裕福ではなかった。
秋の稲刈りが終わると、
親父はいつも都会へ出稼ぎに行っていた。

雪が降りだすと
娘たちはみんな雪の中で遊んだ。

裕福な家の娘は買ってもらった本物のスキーで遊んだ。
あたくしたちは自分で竹を割ってスキーを作り、手製のスキーで遊んでいた。
それでも、
娘心に本物のスキーで遊ぶ娘たちが羨ましかった。

ある時、一度だけお母さんに
「本物のスキーを買って欲しい」
と言ったことがある。

言っても無駄だとは分かっていた。
が、お母さんは意外に
「成績がクラスで5番以内になったら、買ってやってもいいよ」
と答えた。

当時のあたくしの成績は、クラス40人中でいつも20番前後…
5番はおろか10番以内に入ることも絶対不可能だと思った。
恐らくお母さんも同じように思っていたのだろう。

ところが、2学期の通知表を見ると、
あたくしの成績はなんとクラスで「2番」になっていたのである。

あたくしは、家に帰り通知表をお母さんに見せると、
「3学期も頑張りや」と言っただけで、あとは何も言わなかった。
あたくしもスキーのことは何も聞かなかった。

あれから、もう40年あまりが経った。
あの時、お母さんは本当にスキーのことは忘れていたのだろうか。
一度確かめてみたい気がする。

だが、
4年前にお母さんは88歳で逝ってしまった。
いつの日にか、
またあの世でお母さんに会った時には
聞いてみようと思う。